【マルハナバチとハーブ】


  庭へのミツバチの訪花姿は見えなくなり
    マル花バチ花バチの姿が多く見られるようになりました

 【アザミにマルハナバチ?
満開の頃をとっくに過ぎているのに
マルハナバチ(トラマル花バチかも)達はセッセと咲き残ったお花に来ています。
健気ですね〜〜〜∩(´`)∩

 【ゴーヤのお花
マルハナバチ沢山来ています
 【マルバアサガオ
マルハナバチが蜜源に向かって突進中

 蜜源?が奥深くにあるのでしょうね
かすかにお尻の辺りが覗いています〜〜〜

 【レモンベルガモット
ーバームらしいのですがハチが訪花したところは未だ確認出来ていません

 【レモンベルガモット
近日中に葉っぱを摘んで天日乾燥予定
 【ベルガモット
(タイマツバナ)
このビーバームにもハチの訪花は未確認です

 【ベルガモット
花と葉は摘み取ってハーブティーに

 【朝採りの野菜とハーブ】
ベルガモット(花)は初摘みです。(葉)の方は近日中に摘みましょう
バラやラベンダーは毎日ボチボチ収穫アリ。
ゴーヤは初採り(ミニサイズ)
キュウリとトマトは毎日収穫アリです

 ハンガリーウォーターの材料が豊富に有るので、思い切って5リットルの大瓶にンガリーウォーターを仕込みました
春先から仕込んだ分と合わせると秋以降には大量のハンガリーウォーターとビワの葉・ドクダミ・ローズマリーなどをウォッカで抽出したハーブエキスが出来上がる予定。
寒い時期にはハーブバスで惜しげ無く消費出来そうです
(ストッカー内がハンガリーウォーター等の増産で悲鳴を上げそうですが・・・)
 (*´m`*) 



  
  【杜仲葉
杜仲茶用に葉っぱを初摘みです。
今年はナゼか?アオバハゴロモの幼虫が葉裏に着いています。
一枚一枚葉の裏表を丁寧に洗うのが根気の要る作業です(今回は何枚の葉を洗ったかしら?)
灼熱の日差しの中では2日で天日乾燥完了です。
今年はベルガモットをブレンドしてアールグレイ風ハーブティーを楽しんでみようかしら(´∀`*)ノ


nagomiwata * ハーブ * 13:26 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

《ハーブと生きもの達》


    庭の木々が萌葱色から緑一色に代わり
    小鳥達(生き物達)が賑やかです

        ほのぼのとのどかな風景をアップします

  にメダカ達
蓮の葉もニョキニョキと、葉の陰からメダカも元気にポチポチと顔を出します。

  エナガのシルエット
夕方に梅の木の天辺で囀るエナガは大きく見えるでしょ?
実はスズメより小さい鳥なのです。
〜梅の木のてっぺんで〜

  エナガ
スダジイの葉っぱの大きさに比較してもホントに小さくてキレイな小鳥でしょ。
〜スダジイの葉っぱの中で〜

  シジュウカラ【雄】
集団で遊びに来ています
〜クスノキの上で〜
  シジュウカラ【雌】
雄に比べて胸のネクタイ模様が薄いですね
〜スダジイの木の上で〜
  シジュウカラ
【幼鳥?】
雌鳥よりもっと胸のネクタイ模様が薄いです(殆ど模様が見えないですね)
〜柘植の木にて〜

  ヤモリ【雄】
夏の夕方の風物詩
お台所の窓に出没です

  ヤモリ【雌】
お腹に卵が2個見えますね♪

  みーちゃん【雌】
木登り得意なみーちゃんは
くーちゃんに追われた時の
緊急避難場所の一つです。
「くーちゃん早く退散してくれないかしら・・・」
(・ω・;)

  くーちゃん【雄】
家の中では隙を見せれば、みーちゃんにネコパンチを頂いているのに、外へ一歩出ればジャイアンタイプに変身みーちゃんを追いかけ回しています。
「その内に木から下りてくるはずのみーちゃんとの根比べです」
( `д´)

  朝摘みのーブ達
ジャーマンカモミール・ローズ
ミント・コーンフラワー
 
  ドクダミ
先日収穫して天日干し済みのカラカラのドクダミをウォッカ(40°)でエキスを抽出します
ーブ湯用です







nagomiwata * ハーブ * 22:25 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

【プチ・ハーブガーデン】

          庭のハーブ達も元気です ('-^*)/

 ドクダミ
花の咲くチョット前に摘みます。
土埃が気になるので、たっぷりのお水できれいに、丁寧に洗います
 ったドクダミを大ザルに上げて日干し
カラカラに乾燥したらウオッカ(40°)でエキスを抽出。
ハーブバスに使います

  ジャーマンカモミール
フン手作りの安心安全の
カモミールテーの評判は上々
気をよくして今年は昨年の倍の量を栽培中
ミツバチにとってはそれほど魅力的なお花ではないようですが・・・。
 イングリッシュラベンダー
ポプリや蜜源植物として

 コモンセージ
蜜源植物

 一番にハーブを摘みます。フィンガーピッキングで丁寧に・・・。
皆様にも美味しいハーブティーを今年も提供させていただきますよ〜
お楽しみに
( ^-^)ノ
【5/17】
 しいハーブの摘み取りが始まり、今季初のハンガリーウォーター仕込みです
【5/20】
 も大きくなり風味が落ちないうちに大量に収穫です。
Y子さんに旬の頃少し差し上げただけで収穫の時間が無く延び延びになってしまっていました。
フン家での消費に限りがあるので、殆ど塩漬け保存にします。
実山椒も少し摘みました)
【5/21】

         オールドローズも満開です
               ( 乾燥後の花びらやローズヒップは
              化粧水やハーブティーに利用します)
  ハマナス・FJ グルーテンドルスト

  ロサ・カニナ

  アブラハム・ダービー

  ジェフ・ハミルトン

  アパート
ローズヒップが沢山実ります
ローズヒップティーに・・・

  ?
  パット・オースチン

  ロサ・マイカイ

nagomiwata * ハーブ * 23:38 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

【ハーブも春支度♪】

     暦はもうですね〜
   庭も寒い日を避けつつ春の準備を始めています
    (フンには農閑期は無かったような~~*

   庭で摘んだ素朴な味!?
  安心安全ハーブティーが御好評により
   今年はハーブ&蜜源コーナーをバージョンアップ
  昨年より多く、皆様のご希望に添えるかもしれませんσ(゜-^*)
  《どうぞご期待下さい

  ジャーマンカモミール
3週間ほど前に蒔いた種
外はまだ寒いので縁側で様子見です。
今年はカモミール倍増計画

  ジャーマンカモミール苗
昨年のこぼれ種から
春一番の収穫が楽しみです

   ベルガモット苗
暖かくなるまで縁側で。
今年からハーブ&蜜源として庭にデビュー予定。

   ベルガモット
ビーバームと言われミツバチが集まるお花のようなので
庭の蜜源ハーブとしても今年は初挑戦p(^v^*)q

  アカツメクサの種を蒔きました
ミツバチさん達用の蜜源になれるかしら。。。


  アカツメクサ種500長愼
昨年蒔いたシロツメクサが斑になってる所を埋め込む様に蒔きます。
ハーブティー&蜜源にと雑草に埋め尽くされそうな場所にバラマキ栽培です。
  一番に庭を彩る紅梅
雨の雫とのコラボ

 昨日の大雪誤報に翻弄された民衆の一人です
夜になっても気温が高く雪の気配もないのにマスコミ(天気予報)は大騒ぎ
各社各局横並びの報道に今更ながら辟易していますヨ
 A´ε`;)
  山雀(ヤマガラ)
庭の紅梅の老木で虫探しかしら

  山雀(ヤマガラ)
モヒカン調の頭部柄がなんともユニークです (・・)ノ

    ミカン三兄弟
【左】から
* 夏ミカン(400帖
* 宮川早生(150帖
* 温州ミカン(90帖
週末に家族揃って味比べです
夏ミカンも2回の雪を被り糖度も増してきました (´c_,` )
  庭の柑橘類
自家製無農薬・ノーワックス
夏ミカン・レモン・ミカン(宮川早生と温州ミカン)
柑橘類も糖度が増してきたようです。
※ 皮は天日乾燥後ハーブティーやコスメ用に使います

  ユズ種エキス
昨年のユズ種が沢山残っていたので
ユズ種:150
ウォッカ:1000性
コスメ・ヘアーリンス等に使います
nagomiwata * ハーブ * 20:49 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

【仕事始めは。。。】

   今年の仕事始めは
   七草がゆ&ハーブから

   七草がゆは庭から、葉物・野草などを集めて作ります。

  庭から集めた
【七草がゆ食材】
*セリ*アシタバ*小松菜*スズシロ(大根)*ハコベ*三つ葉*クコの新芽
他:柚・クコの実をトッピング

 【七草がゆ】
サッと湯がいた葉物に塩を振っておきます。
土鍋でゆっくり炊いたお粥さんをお椀に盛る直前に葉物の水分を絞り刻んでザックリ混ぜ
柚皮とクコの実を飾れば出来上がり〜。
葉物の青臭さが残らず幼児味覚の方?にはお薦めの
フン流七草がゆレシピです
 σ(゜-^*)
  
   2013年の初仕事
   家族はそれぞれの持ち場へと元気に出かけました。
    庭は数種の小鳥さん達で賑わっています

   コゲラをキャッチ
動きが素早いですね。

 
         フンの仕事始めはハーブから

  ビワの葉
元気な葉っぱを15枚
キレイに洗ってウォッカに漬け込みます。
  ビワの葉チンキ仕込み
キレイに洗ったビワの葉:約120
ウォッカ
(ウィルキンソン):800性


      金木犀フレグランス完成!!

  金木犀の乾燥花で
金木犀酒とフレグランスの完成品のお披露目です
金木犀酒【右】(氷砂糖入り)は車の運転があるので試飲は出来ませんので家人が帰宅時まで待ちます。
フレグランス
【左】
自宅庭の無農薬のきれいな金木犀花を天日乾燥し
1年以上かけてウォッカ(ウィルキンソン)40°で抽出・熟成させました。
極上の金木犀フレグランスが出来あがりました(氷砂糖無しの金木犀酒としてもどうぞ)
ご希望の(親しい)方々に差し上げますヨ v('^*)

  金木犀フレグランス仕込み
昨年収穫した乾燥花が沢山残っていたので
思い切り濃いめのフレグランスを仕込みました
(2日前に仕込み分)
金木犀乾燥花:60
(生花の場合400聴幣紊法)
ウォッカウィルキンソン40°:1800性
1年後には大量の【極上金木犀フレグランス】が仕上がり予定
ご希望の方はお楽しみに (o‘∀‘o)




nagomiwata * ハーブ * 19:35 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

『無農薬有機ハーブと野菜三昧の暮らし♪』

   庭のハーブを数えたことが無いので
    幾種類有るのか把握できていませんが
  その時に目に留まったハーブを気ままに摘んでは天日乾燥
   ハーブティーやポプリやコスメ(ハンガリーウォーター)等の材料にします。

  庭のハーブ
気ままに摘んでみました
1:オールドローズ(ジェフハミルトン)
2:コモンセージ+ブロードリーフセージ
3:ウォールジャーマンダー
4:レモンピール
5:クコの実

   1:ブラックペパーミント
2:ワイルドストロベリーの葉
3:ローズマリー
ローズマリーはふんだんに有るので晴れた日は毎日の様に摘んでは天日乾燥。
※ その日を快適に締めくくるためにもローズマリーのバスハーブは欠かせません…(ノ`)

  ナスタチウムの葉
ナスとのコンパニオンプランツとして植えた物。ナスのコーナーを整理して捨てるにはモッタイナイので生葉のままウォッカに漬け込みます。
ナスタチウムの成分は乾燥させると変化すると書かれていたので生葉の成分をウォッカの浸透圧で抽出してみようと思い立ちました(これもフン流ですので参考にはならないと思います)

  500ミリリットルの瓶にナスタチウムの葉(60帖縫ッシリ詰めウォッカ(300ミリリットル)を注入
初挑戦なので様子見です。
*コスメ用に使う予定ですが(`?)

  ビワの葉130
硬めの葉を20枚
硬めのタワシで丁寧に葉裏の汚れ落とします。

  ビワの葉エキス5
ビワの葉風呂が好評なので思い切り大瓶に浸けけ込みました。
ビワの葉を一度に沢山洗うのが大変なので半分はローズマリーを足して。
* ウォッカ:ウイルキンソン(40°)
4リットル
* ビワの葉:130
* ローズマリー:200
 【左】500ミリリットル
【右】5リットルの比較
さすがに5は《ワイルド》でしょ〜σ(゜-^*)
 ローズマリーもビワの葉にも殺菌・抗菌作用や血行促進作用があるらしいのでハーブバスにはピッタリかしら?
* 因みにフン家にはアレルギーやアトピー体質の者はおりませんが偏頭痛持ちがおります

  パイナップルセージ
コスモスの花が終わった花壇を鮮やかに染めて


         【菜園風景】
   この時期の葉物野菜は虫害もなく安心して収穫出来ます。
  今年も叉、菜園に20種以上の葉物野菜を蒔いてしまいました
   例年の如く供給過剰で春には菜園一面に菜の花が埋め尽くす事でしょう。

  早春の頃には数種の黄色いお花がミツバチハウスご一行様の
        訪問を心待ちにしております〜 (*^^*)
   (まだその頃にはミツバチさん達は採蜜活動には入ってないかしら?)
        

  菜園の一部
アングル内だけでも16種の葉物が。
リーフレタス・茎立ち菜・小松菜・水菜・春菊・ほうれん草・山形青菜・野沢菜等々。。。
※ キヌサヤの発芽確認

  ブロッコリー(スティックブロッコリー)
手間いらずで便利野菜です。
* 手間いらずの仲間にチンゲンサイやカキ菜も蒔きました。

  大根は沢庵用大根15本も含め時期をずらして3段階に蒔いて見ました。
* 播種時期が遅れて一番早い苗でも年末には収穫出来るかしら?

 【夏野菜】
まだ収穫出来ています
ナス・激辛唐辛子・ピーマン・大根の間引き菜
(ナスと激辛唐辛子は最終)
有機農家の方に「ナスは霜が降りるまで収穫出来ますよ」と教えて頂きました。
ホントにまだまだナスの収穫が出来そうでしたがこの辺で片づけます。
ナスの跡地はカモミール畑に
nagomiwata * ハーブ * 19:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

【オリジナルハンガリーウォーター】

   炎天下の毎日。ハーブの天日乾燥には絶好のチャンス
   ハンガリーウォーターの材料が揃ったので
 オリジナルブレンドでローズヒップの種を加えて見ました
     今季二度目の仕込みです

  【オリジナルハンガリーウォーター】
ウォッカ(ウィルキンソン40°)
【1500ml】
ドライハーブ
【150帖
ローズマリー・ローズ・ポットマリーゴールド・ブラックミント・オレンジ&レモンピールにローズヒップの種
*5:2:1:1:1+(ローズヒップの種少々)

  ローズヒップの種
*果肉はハーブティーに
*種はハンガリーウォーターの仲間に入れて上げましょう






      矢の根梵天花(ヤノネボンテンカ)

  別名(タカサゴフヨウ)
山野草のお仲間にいただきました
6冂の中輪の花です
Yさん咲きましたよ〜∩(´`)∩ 
  中心(雄しべ?雌しべ?)が紅いのは珍しいですね

  《蛇の目傘》を広げたような
趣のある裏側も撮ってみました
  【茶園の月】
(チャエンノツキ)
大輪のアサガオ
某公共施設に出かけた折りに
待ち時間にフロアの一角で見つけました。
茶色のアサガオに魅せられて衝動買い
採種が成功すれば来年の縁側用グリーンカーテンは茶色のアサガオ(茶園の月)で仕立ててみようかしら('-^*)/ 
   百日草
このお花も公共施設の一角で販売していました。
優しい色でしょ


nagomiwata * ハーブ * 16:40 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

【ハチミツソウ成長記】

   我が家の庭で初ハチミツソウ栽培
     春からの成長記録(経過)報告です

  ハチミツソウの種

  発芽です【4/15】
気温が安定していない時期なので直まきはせずポット蒔きにしました。
※ 【3/21】播種

  双葉に成長【4/24】

  本葉確認【5/13】
  本葉確認後ポットのまま地植えに(ポットは土に返る)
庭の中で一番良好な場所に植えました

  二番目に大きな苗【7/3】
一番大きな苗は一夜にして根本から倒されてしまいました
ネキリムシの仕業と思います
 (′〜`;)
  ネキリムシ対策【7/3】
青印のところがネキリムシ害で空っぽになったポットです
対策として庭で伐採した材木からの草木灰を根本に撒きました
が。。。
この後も大きな苗までも容赦なく倒され続けました
   ネキリムシです
2儖未梁腓な物から1冂の小さな物までハチミツソウのコーナーの地面下には何匹のネキリムシが潜っているのから
それでも農薬は使いません
倒された苗の根本を掘ってネキリムシを見つけ出し捕殺です

              
    最初に咲いたハチミツソウの花【7/13】
   一番に蕾を付けた苗
50冂の大きさですが蕾が沢山付いています


  松香ハニー
採蜜作業に初参加した時のハチミツがドレスアップして登場
【二木亭】さんにて大瓶2種購入しました。
管理人さんデザインのラベルがなんとも優しい
味も円やかなフンお薦めの絶品です
二木亭ママさん、チョコットのつもりでお邪魔したはずがいつしか1時間もおしゃべりしてしまいました。
いつも楽しい時間をありがとうございます
叉遊びに行きますね


nagomiwata * ハーブ * 23:23 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

『ローズヒップ収穫!!』

   ドッグローズ(アパート)に完熟のローズヒップ
自家栽培のローズヒップの収穫を夢見て
 どれほどのバラ苗が我が庭にやって来ては枯れて・・・
   花は咲いても実は付かず・・・を繰り返したことかしら
ようやく『ローズヒップ』の収穫に漕ぎ着けました

  ドッグローズ(アパート)にローズヒップ
お花はこんもり満開に咲いたけど完熟ローズヒップは4個のみ
でも収穫出来るところまで来たので良し!!としましょう

  直径2冂の柔らかな果実です
(本日は2個採ってみました)

  半分に割ってみました
中に種と産毛のような物がギッシリ

  種は爪楊枝の頭より少し大きめです。

  種を出し細かな産毛をピンセットでキレイに取除きます A´ε`;)

  種等を取ってしまうと
『果肉はイズコへ〜?』
殆ど皮だけ状態
香りは殆どありません
味は完熟なので甘いです。
果肉のみハーブティーに
種は捨てるには惜しいのでハンガリーウォーターの材料にしましょうか?
目下天日乾燥中


   万葉の花(忘れ草)が人知れず藪の中で咲いていました。
フン家には人知れず咲く花がなんと多い事か
ただ単に庭の手入れが行き届かず庭木の陰で咲いていたり
雑草に紛れて咲いていたりするだけの事なのですが。。。Σ(^^;)

  ヤブカンゾウ
毎年、早春の新芽群を眺めるところまでは記憶の中にあるのですが、その後のヤブカンゾウは咲く時期さえも忘れられてしまうお花でした。
何気なく藪の中にオレンジ色を見つけ近づけばヤブカンゾウが花の終わりの頃かも
来年は満開の時期を逃さず撮ってみましょう(* ^-^)ノ


nagomiwata * ハーブ * 10:02 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

【ビワの葉エキス(チンキ)】

  真冬のビワの葉を採取してビワの葉エキス(チンキ)と
      煎じ液を作ります。
ビワの葉はこれまで扱った多くのハーブの中で
   一番手間がかかったような気がします。
     葉裏の綿毛の除去作業はかなりの力業でした (^.^;) ...

  ビワの葉エキス(チンキ)
ビワの葉60枚(約250帖
何かの文献で大寒の頃の葉が最も適しているとあったので、思い立って摘んでみました。もちろんフン家の庭からの採取なので無農薬栽培の葉です v(^-^)v
(枝の下の方から硬い葉だけを選んで)
   【上】採りたての葉
葉裏は綿毛で覆われています
まな板の上で真新しいタワシで丁寧に洗います。
かなりの力を入れないと細かな綿毛まで取れません。
【下】洗い終えた葉
繊細な葉脈が見えるまでしっかり洗います。
裏側もこんなにキレイなピカピカに・・・
A型人間ゆえ手抜きが出来ないのです(;^^)
60枚の葉を洗う作業は根気が要りますね〜

   ビワの葉60枚(250帖
ウォッカ40°(ウィルキンソン)2250ml(750ml入り×3本)
真冬なので4ヶ月ほどかけて抽出します
縁側の日だまりにハンガリーウォーターの横に並べて置きましょう v('▽^*)

※ アルコール消費量が極めて少ないフン家では
ビワの葉エキスは飲料用では使わず主にコスメやバスエッセンスに使います


             
                      精製水とビワの葉で煎じハーブウォーターを作ります

  ビワの葉約80
葉裏の綿毛をキレイに洗います

  ホーロー鍋に
精製水1
ビワの葉80
3冂に切った葉に精製水を入れてコトコト煮出します。
2時間ほど煮込むと約半分の量になりました
冷ましてコーヒーフィルターで濾過して出来上がり
  ビワの葉の煎じエキス
琥珀色のハーブウォーター出来上がり
*葉の裏の綿毛を丁寧に洗うことでこんなにキレイなエキスが採れましたよ(^^♪
精製水2本分(一函砲鯡麋省(1本分)に煮詰めました
※ 色の参考の為コップに入れてみました。
ハンガリーウォーターの希釈用や乳液・石鹸作りに使います
nagomiwata * ハーブ * 17:04 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ