<< 『ハーブの花々:供 | main | 《ガオ:初めての木登り》 >>

《木登りガオ君:その後》

猫ミーちゃん
「フンさ〜ん、さっきのガオ君アノ柘植の木から降りるのに悪戦苦闘してたね」
「意外にガオ君臆病かも。。。ネ」
ミーちゃん
「ガオ君の弱点又一つ見〜つけた!」
木登り苦手だったんだ〜!?」
ゥププ('-^*)/
ミーちゃん
「ガオ君に安全な木登り降りを教えていたらチョッピリ疲れちゃった(~~*
ミーちゃん
「いつものベンチでお昼寝しようカナ。。。」
なんだか後方で怪しげな気配???
ガオ君が近づいてる予感(^^;);;;
ガオ
「さっきは木の上で不本意にもミーちゃんに弱気な場面を見られてしまって・・・」
「トホホです〜」(。′Д⊂)

「ココデ僕の得意な必殺ネコパンチ一発!!」
で、名誉挽回!?
「ミーちゃん御指定のお昼寝用ベッドを見事ゲット!
ダゼ〜〜(≧∀≦) 」
フン「ガオ君!!フン家の庭では暴力的行為は禁止ですよ」
ミーちゃん
「本日、ガオ君は粗暴ギミ?
グーパンチ”は怖いから・・・
私はデッキの下に緊急避難。

寝たふりしてョ〜〜」(~〜~;)ノ
春先にはチューリップがキレイに咲いてた風景が今や見る影もなく・・・
雑草天国?
それとも、これぞ真のナチュラル・ガーデン?(^_^!)
nagomiwata * ネコ * 13:47 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ