<< 《ハチミツソウは咲けど・・・》 | main | 【夏野菜から秋野菜へ〜】 >>

《それぞれの涼の取り方》

   立秋が過ぎてもなお残暑厳しい東京
酷暑!熱帯夜!!
暑さは何にも増して苦手なフンは
昼夜問わずクーラー頼みの暮らし
  そんな折りに出会った一冊
   『原発ゼロ社会への道程』高野 孟 著
  自己矛盾を感じつつ読破しました Σ(^^;)

  【原子力発電を"是"】とする方々も
【"脱"原発を推進】される皆様も必読の書
フンお薦めの一冊です(´∀`)ノ

  『原発ゼロ社会への道程』
高野 孟 著
  好評発売中

  T氏宅
リビングからの絶景
広大なお屋敷内には愛しいKちゃん用のブランコも
広〜いお庭はどこを切り撮っても一幅の絵画を観るようです。
手入れは除草剤等のお世話にならず殆ど"人力"のようです
美味しいコーヒーと織り姫様のおもてなしに感謝です
  あのブランコの近くに赤い実が
愛くるしいKちゃんのよう




『足るを知る 経済』
   本棚から引き出し再度読み返してみました

 ※ 「冷暖房完備、トイレの温水洗浄を当然のこととしながら、
原子力発電反対を唱えるのは、道理が通らない」と・・・(^.^;)

 ※ 「ストレスの語源は(一所懸命にやる)ということ。
仕事でもなんでも、一所懸命やろうとすればするほど
ストレスが強くなってくる。
一所懸命やるということは、100%を望むこと
当然不満が出てくる。その不満が不安ストレスを生む。
ここで必要になってくるのが、100%を望まないという
"少欲知足"の考えである」 とも・・・
(斎藤茂太著:「少欲知足のすすめ」より)

  『足を知る 経済』
仏教思想で創る二十一世紀と日本
安原和雄 著

   ねこちゃん達は暑いからと毛皮を脱ぎ捨てる訳にもいかず
    《それぞれの涼み方》の知恵があるようです

   パンダネコちゃんは
梅の大木の上で

  元々はみーちゃんがくーちゃんからの緊急避難場所だったはずが、いつしかパンダちゃんの暑さからの避難場所に替わっていました

  みーちゃんは風通しの良い縁側の座布団の上で

  くーちゃんは
デッキの上で
お日様が当たる頃にはクーラーの効いた部屋に入れて!!と懇願します(=''=)

nagomiwata * その他 * 22:50 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ