<< 《東京も雪景色》 | main | 【二度目の雪です】 >>

《ジョウビタキとゆず》

   小春日和の暖かな日差しに誘われたのかしら
  賑やかな小鳥さん達の囀りにカメラ片手に庭に出て見れば
    ジョウビタキやメジロ・シジュウカラ・スズメ・コゲラ
      エナガ・ヒヨドリ・ガビチョウ・ハトやカラス等々。。。
    《庭は小鳥達の楽園のようです

   本日はジョウビタキを重点的に撮りました。
   あまりの可愛さに一枚に絞り込めずとっておきの数枚を
       ピックアップしてみましょう∩(´`)∩

    ジョウビタキ【雄】
《雄》も飛来していたことは確認していたもののカメラに収めるタイミングを逃してしまいました
 (・・)ノ
以前に雨降りの日に撮った写真です

  ジョウビタキ【雌】
キヌサヤの支柱に留まって・・・
   山椒の枝で
木々には小さな新芽が出始め、小鳥達には一足早く春が来ているようです。
山椒のとげトゲも平気です〜〜〜

   垣根のフェンスで

  梅の小枝で〜〜〜
早春一番に咲く紅梅の蕾はまだ米粒大です。
小鳥達には美味しいメーンディッシュのようですね。
2週間後あたりには開花するかしら


  柿の枝にて
  ポット苗が入っていたトレーの上で・・・


        【花ユズ330個の行方は・・・?】
                  
 【1/15】花ユズ
庭から無農薬安全の花ユズ330個を収穫
 【1/24】
14日に積もったデッキの雪の上で
チルド保存?
しておいたユズもさすがに10日も過ぎれば
デッキの雪も溶け出し加工すべきタイムリミットが本日でギリギリかも
他の予定を棚上げし大急ぎで
330個の花ユズと格闘です。

 *小さな実を一つずつキレイに洗います
 * 皮を剥きます
 *大きなステンレスザルで中果皮から種と果汁を取り出します。
1:果汁と種を取りだした後の中果皮にはヘスペリジンが多く含まれているらしい。
本日は時間に余裕がないので冷凍保存で後日ユズジャム等に利用します。
2:種
3:果汁:1+穀物酢:1=(1000性函卜簑∧歛
4
:果汁原液のまま800性箸藁篥猜歛
この時期の実が一番果汁を含んでいるような気がします
昨年は3月に収穫してみましたが、果汁があまり採れなかった事を教訓として・・・。

  自家製ユズ果汁
ユズ果汁500性箸暴稱匿檗聞饂妻董500性箸魏辰┐椴簑∧歛犬靴泙后
ユズポン酢やドレッシングに使います。

ユズ果汁に純米酢 1:1を加えることで冷蔵保存でも長期保存が利くような気がしたので
なんの根拠もデーターも持たず単なるフンの直感ですので参考にはならないと思います
(人^^)ノ


  剥いた果皮や種は天日乾燥です

 【1/25】
(陳皮)は
『4函瓶にギッシリ
『380帖
特製香辛料やコスメの材料等に利用方法は豊富です。




      【夏ミカンのコンフィチュール】

 【1/26】夏ミカンの
コンフィチュール
週末は
作りたてでホットなコンフィチュールでブランチです
ユズの中果皮が沢山有るのにナゼ?夏ミカンでコンフィチュールを
日々、気分次第で過ごすフンですから〜〜〜 v('▽^*)


nagomiwata * 手造り * 19:26 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ