<< 【10月(20日間)を振り返って・・・】 | main | 【晩秋の庭の風景】 >>

《またまた一ヶ月分まとめて》

   季節も気がつけば、晩秋から初冬へ〜。
   ジングルベルが聞こえてきそうな季節に・・・
    又々、まとめて一ヶ月分を更新です f(^_^;;



【11/21】
 庭からの産物で《金木犀の収穫》の次のイベントは
  ザクロの収穫です
 熟ザクロの収穫
(大中小合わせて43個)
【10/28】
  庭の産ザクロは、糖度抜群大変甘いです♪
大きい物で1個300グラム以上有ります
 ザクロの実1600グラム
宝石のルビーのようなキレイな粒を見ているだけで幸せな気分♪
丁寧に一粒ずつ実を取る作業は楽しいけどチョット厄介なのは、指先が黄金色に染まり、やがて黒く変色すること。
お出掛け予定がある前の作業は控えましょう。
一週間は黒い指先で過ごすことになります (´・ω・`;

 グレナデン・シロップ
ザクロ実600グラム
氷砂糖600グラム

 【11/21】一ヶ月後
氷砂糖の浸透圧で抽出した
純粋・無添加・自家製のグレナデン・シロップ
冷蔵庫で一年は保存可能です。
レモン入り炭酸割がお薦めです
☆さん差し上げますよ〜

 ザクロ酒
【蔵:純粋(40・3°)】
今年も拘りの芋焼酎で仕込みます
ザクロの実:1000グラム
焼酎:1リットル
氷砂糖:500グラム
レモン(自家栽培):1個(皮無し約60グラム)
 【11/21】一ヶ月後
まだ少し氷砂糖が残っているので
全部溶けた頃レモンを取りだし熟成させます
昨年仕込みの分や三年物・四年物たくさんストックがあります
皆様!!是非ご試飲会にお越し下さいませ
年末は皆様がお忙しいそうなので12月の企画がムリかもしれませんが小人数での試飲会は企画中
σ(゜-^*)



  
【11/17】
  縁側は秋色で埋め尽くされています
 平種柿と干し柿用(みしらず)
で縁側は間彌生さんのドットちゃんの世界に入り込んだような・・・
 し柿を作ります
天辺の皮を少し残して剥くのがコツのようです。
  40個軒先に吊してみました。
サテサテ?カビずにちゃんと干し柿に出来上がるでしょうか?


【11/6】
 庭もぼちぼちと葉物野菜の間引きの時です
 から大根と菜花の間引き菜と食用菊(もってのほか)
 【つまみ菜と菊のお浸し】にジャコを沿えて。
秋なのに早春色の一品が出来上がり (o‘‘o)


   

【10/26】
 我が家に吉祥草が咲き、おめでた続きに
   今日は鯛飯を炊き、『福蔵最中』も頂きました
 【鯛飯】
新鮮な鯛が手に入りました♪
プロの板前さんにキレイに下拵えをして頂きました。
食欲の秋
周子さん、お陰様で美味しい【鯛の炊き込みご飯】が炊きあがりましたよ〜 (´c_,` )

 オメデタ続きに偶然にも
【福蔵最中】を頂きました
大変美味しい最中でした
さんの優しいお心遣いに感謝です(^_-)-☆
近々、川越に行く予定が出来たので是非買って来たいと思っていますがお店が見つかるかしら



【10/24】
 庭の花々も夏花の鮮やかさから秋色へと変化して・・・
 【吉祥草】
吉事を運んでくれる縁起の良いお花が今年も庭のあちこちで満開です(゜゜ノノ゛
  【吉祥草】
吉祥草のも見つけました

 【のこん菊】
  【ミセバヤ】

 【ホテイアオイ】


【10/22】
  ミツバチの花時期が終わる頃
     庭の木々に小鳥達の季節です
 《コゲラ》
 《シジュウカラ》
 《メジロ》


【10/21】
  満開の時期もとっくに過ぎ、
    残り僅かに咲き残ったスモスにミツバチの訪花確認∩(´`)∩






nagomiwata * - * 20:22 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

盛りだくさんの内容、素晴らしいの一言です。
ザクロのシロップ魅力
最近ザクロを見かける機会が少なくなったような気がします
川越、行きたい場所の一つです
いらしたらレポートを楽しみにしています
鯛ご飯私の大好物。
美味しいもののお手伝いいつでもいたしますよ
Comment by 二木亭ママ @ 2013/11/29 8:38 AM
それでなくても遅れがちなブログが、フェースブックを始めて以来、それにも増して更新が遅れてしまっています〜 (;´・`)
輸入物ザクロを最近八百屋さんで見かけましたよ。
デモ庭の国産ザクロに見慣れているので、輸入物は全く別物に見えますね。
自慢のグレナデンシロップを近日中に皆様に試飲して頂きましょうか♪
川越は始めて訪れるところです。ウナギもお蕎麦もサツマイモも・・・欲張って楽しんで来たいと思っています v('▽^*)
Comment by 隠者のフン @ 2013/11/29 11:23 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ